キラ×キラ 遊び方

パッケージ表(クリックで拡大)
パッケージ表(クリックで拡大)
パッケージ裏(クリックで拡大)
パッケージ裏(クリックで拡大)
セット内容
セット内容

カードの種類

 

全55枚のカードは手札のキラカードと場のジュエルカードに大別されます。

キラカードはGカードCカードPカードBカードの4種があります。

キラカード 強さの関係

 

キラカードのうちGカードCカードPカードの3種は3すくみの関係なので、それぞれグーチョキパーと覚えると良いでしょう。

(それぞれの絵柄もジャンケンの手を連想させます)

また、同色のカード同士なら数字が大きいほど強いです。

Bカードはどのキラカードにも代用できる万能カードです。

(いわゆるワイルドカード)

ゲームの目的

 

限られた枚数の手札(キラカード)を効率よく使ってジュエルカードを獲得し、相手より高ポイントを目指すことが目的です。

ジュエルカードの獲得方法

 

ジュエルカードは記された数字と同じ枚数のキラカードを置くことで獲得できます。

例えば、1のジュエルカードは1の置き場に最初にキラカードを置いたプレイヤーが獲得し、3は3の置き場に3枚目、9は9の置き場に9枚目に置いたプレイヤーがそれぞれ獲得します。

ゲームの準備

 

5人で遊ぶ場合

1~9のジュエルカードを記された数が判るように表向きで場に並べます。

・全46枚のキラカードをよくきって各プレイヤーに枚ずつ伏せて配ります。余ったカードは使用しません。伏せたまま適当な場所にしまって下さい。

・ジャンケン等でプレイヤーの順番を決めたら準備完了です。

 

4人で遊ぶ場合

2~9のジュエルカードを記された数が判るように表向きで場に並べます。

・全46枚のキラカードをよくきって各プレイヤーに11枚ずつ伏せて配ります。余ったカードは使用しません。伏せたまま適当な場所にしまって下さい。

・ジャンケン等でプレイヤーの順番を決めたら準備完了です。

 

3人で遊ぶ場合

1~8のジュエルカードを記された数が判るように表向きで場に並べます。

・全46枚のキラカードをよくきって各プレイヤーに12枚ずつ伏せて配ります。余ったカードは使用しません。伏せたまま適当な場所にしまって下さい。

・ジャンケン等でプレイヤーの順番を決めたら準備完了です。

 

2人で遊ぶ場合

1~6のジュエルカードを記された数が判るように表向きで場に並べます。

・Bカードを除いた45枚のキラカードをよくきって各プレイヤーに11枚ずつ伏せて配ります。Bカードと余ったカードは使用しません。伏せたまま適当な場所にしまって下さい。

・ジャンケン等でプレイヤーの順番を決めたら準備完了です。

ゲームの進め方

 

プレイヤーは順番に手札から1枚以上を選び、置き場のどれかに置きます。その際、置き場のキラカードより強いカードを置かなければいけません。

例えば、Gカードが置いてあれば、Pカードか、Gカード以上となります。

ジュエルカードを獲得したら、以降その置き場に手札(キラカード)を置くことはできません。

 

キラカードを置いたら(ジュエルカードを獲得できれば獲得し)、順番が次に移ります。

手札を1度に2枚以上置く場合 以下の条件を満たしていなければいけません。

 

A:同色でP2<P3<P4…のように連続して数が大きくなっていること

B:同数でP2<C2<G2…のように連続して強くなっていること

C:上記AとBを組み合わせ、P2<P3<P4<C4<G4…のように連続していること(もちろん、A~Cいずれの場合も初めのキラカードが置き場のキラカードより強くなければいけません)

ゲームの終了

 

手札を全て無くしたプレイヤーからゲームを抜けます。手札をどこにも置けなくなったら、それを次のプレイヤーに伏せて渡し、ゲームを抜けます。

 

他のプレイヤーがゲームを抜けて最後の1人になったプレイヤーはその時点で残りのジュエルカードを全て獲得します。

 

獲得できる場のジュエルカードが無くなったらゲーム終了です。

各プレイヤーの合計獲得ポイントを求め、最も高ポイントのプレイヤーが優勝となります。

 

獲得ポイントはジュエルカードに記された数の合計で問題ありませんが、1Billion=10億なので、1のジュエルカード1枚で10億ポイント(笑)で計算してもOKです!

キラ×キラをご購入の方はこちらから

 ↓