13階段 遊び方

パッケージ表(クリックで拡大)
パッケージ表(クリックで拡大)
パッケージ裏(クリックで拡大)
パッケージ裏(クリックで拡大)
セット内容
セット内容

準備

 

・3人または4人で遊びます。

・全てのカードを良く切って各プレイヤーに5枚ずつ伏せて配り、それぞれの手札とします。

・残りのカードは場の中央に伏せて置き、山札とします。

・ジャンケン等で順番を決めたら準備完了です。はじめは時計回りでゲームが進みます。

遊び方

 

・プレイヤーは順番に1~3の数字が記された手札から※1枚を選んで場に出していきます。

基本的には任意の1枚ですが、場のカードの「役」に応じて変化します)

・手札は直前に出されたカードの横に並べて出し、その際、場のカードの合計が13以上になると、そのプレイヤーはそれらのカードを全て引き取らなくてはなりません。

・手札を出したらその分、山札から補充します。(山札がなくなるまで手札は5枚をキープ)

・場のカードを引き取ったプレイヤーから再開します。

・山札がなくなっても全員の手札がなくなるまでゲームは続きます。

・最後に手札をなくした(出した)プレイヤーが場のカードを引き取ってゲーム終了となります。

ゲームの基本的な流れ

 

 

A→B→C→Dの順にゲームが進む場合、

 

 

まずAが手札から1枚選んで場に出し、

 

 

手札が減った分を山札から補充します。

 

 

後のプレイヤーも同じように手札から1枚選んで場に出し、

 

 

手札が減った分を山札から補充します。

 

これをカードの合計が13以上になるまで繰り返します。

 

←図は合計11なので「2」以上のカードで13以上になってしまいます。

 

 

Bの手札で場のカードの合計が13になったので、

  引き取ったカード↑
  引き取ったカード↑

 

 

Bは場のカードを引き取り山札から手札を補充します。

 

 

場のカードを引き取ったBから再開します。

勝利条件

 

ゲーム終了後、引き取ったカードの枚数が最も少ないプレイヤーが勝利となります。

役の効果

 

場に出されたカードが以下のように続くとが成立し、様々な効果を及ぼします。

 

 1→1→1 次のプレイヤーは手札を3枚出さなくてはなりません。

 2→2→2 次のプレイヤーは手札を2枚出さなくてはなりません。

 3→3→3 順番が反転し(時計回りなら反時計回りに)、ひとつ前のプレイヤーに移ります。

 同色3連続 次のプレイヤーは同色を1枚か、他の色なら2枚、手札を出さなくてはなりません。

 1→2→3 順番がひとつ先のプレイヤーに移ります。(同色3連続との組み合わせ技もあり)

 3→2→1 順番がひとつ前のプレイヤーに移ります。(同色3連続との組み合わせ技もあり)

役の効果例

 

 

場に出されたカードが図のように2→2→2と続くと、

 

 

次のプレイヤーは手札から2枚出さなければなりません。

 

 

場に出されたカードが3連続同色が続くと、

 

 

次のプレイヤーは手札から同じ色を1枚出すか、

   または

 

 

別の色ならカードを2枚出さなければなりません。

13回避技

 

直前のカードと同色で同数、つまり同じカードならその上に重ねて出すことが出来ます。

これは何枚重ねても場のカードの合計数にカウントされるのは見えている1枚なので、手札を出す前の場のカードの合計が12(絶対絶命!)でも13を回避出来る特別な出し方です。

死神カード
死神カード

死神カード

 

出した時点で場のカードを全て引き取らなくてはなりません。

ただし、場のカードの合計が12(絶体絶命!)の時に出せば、死神カードを含むそれらのカードを他のプレイヤーに押し付け(引き取らせ)られます。

13階段をご購入の方はこちらから!

 ↓